生まれつきのブロンドヘアの人はほぼいない!?

こんにちは!
アメリカ留学中のゆっこです。

アメリカに来てから変わったことがあります。
それは、オシャレに疎くなったこと。笑

ニューヨークはオシャレな町で、そんなことはないと思うけど、
私はカリフォルニアにいるので、毎日Tシャツとジーンズとか
もしくはエクササイズウェアで出勤する日もあるし
服や髪、化粧品に本当にお金をかけなくなりました。

その中でも特に変わったのが、美容室に行く回数。
日本にいて、高校生とか大学生のときは月に1回行くのが当たり前で
髪の毛を切ったり染めたり、トリートメントしたり、パーマしたり
毎月髪型を変えてたし、そのために雑誌も買って、流行をチェックするのは当然のことでした。

でも、今、自分も含めて、カリフォルニアにいる日本人を見渡すと
毎月、美容室に行ってる人なんてほとんどいないんです!(゚_゚;)笑

私は今は半年に1回行けばいいほう。笑
髪も黒で地毛だから、「根元が黒くなって、プリン頭が気になる~!」
とかならないし、
トリートメントしても、水質が日本と違って悪いから
なんだか無駄な努力だなと思っちゃう。笑

ロサンゼルスに来ると、日差しが強い影響もあって、
基本的に髪の毛は日本にいるときよりもパサパサする人が多いみたいです。

日本は特に夏は湿気が多いから、
くせ毛の私としては、ロサンゼルスのほうがくせが出なくてラクなんですけどね。^^

で、ロサンゼルスで美容師として働いている友達が何人かいるんですけど、
そこでびっくりしたのが、
「生まれつきブロンドの髪の毛の人はほどいない」という事実。

その友達が働く美容室の受付として、数日ボランティアしたことがあるんですけど、
なんと、これは本当でした!

私は今まで、プラチナブロンドの髪の美女とか見たら、
「わぁ~、めっちゃ綺麗~!」
ってうっとりして羨ましく思っていたんですけど、
実は、生まれつき金髪の人の割合って本当に少なくなくて
金髪(ブロンドヘア)の人のほとんどは、実は毎月ブリーチして染めているんです!

ブロンドヘアは、遺伝子的に劣勢なので、
茶髪や黒髪のパートナーと結婚すると
基本的には他の色に負けて、ブロンドヘアが遺伝することは
本当に少ないとのこと。

でも、だからこそ、たくさんの人が憧れて
毎月数時間かけて美容室で髪の色を抜いて(ブリーチして)
ブロンドヘアに染めるそうです。

ちなみに、天然のプラチナブロンドヘアは
100グラム、17万円で売れるとか聞いたこともあります!!(゚_゚;)笑

いったい誰がなんのために買うんでしょう?笑
とりあえず、ブロンドヘアの人を見たら、
「それ地毛ですか?」って聞くと失礼だから
こっそり根元をみたり、体毛の色を見て
「あ、この人もブロンドヘアに憧れて染めてるんだな~」
なんて裏事情知ってニヤニヤするようになりました。笑(性格悪いかな?笑)

服や靴、カバンにはこだわらなくても
ブロンドヘアにはこだわる人が多い
カリフォルニアの美容室事情でした。

おしまい☆

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク