タンパク質の過剰摂取で25歳女性死亡

こんにちは!
アメリカ留学中のゆっこです。

最近、ダイエット始めたら、
プロテインシェイク飲んだ方がいいよって言われて
プロテインシェイクにハマり始めた矢先に
こんな怖いニュース見つけちゃいました!(゚o゚;)

今年の6月19日にオーストラリアで
ボディビルダー女性(25歳)が
プロテインの過剰摂取で死んだらしい。。。

え?そんなことあるの?

検死を担当した医師のコメントによると
「たんぱく質の分解機能に障害がある遺伝性疾患だった可能性が高い」
だって。。。

ミーガンさんっていう女性で
西オーストラリア州パースのアパートで
意識を失って倒れているところを発見されて、
そのまま病院に運ばれたけど、脳死状態になって、
その3日後に7歳の娘ちゃんと5歳の息子ちゃんを残して
他界してしまったとのこと。

死因は、ボディビルダー用のサプリメントの過剰摂取。

何事も過剰摂取はよくないんですねー。
というか、どんだけ摂取してたんだろう。。。

ちなみに、その遺伝性の病気というのは、
8000人に1人ぐらいの割合で発症する遺伝性疾患で
たんぱく質を過剰に摂取すると、体内で分解しきれずに
血液中のアンモニア濃度が高まって、脳浮腫を引き起こす病気だったらしい。

気づかないって怖いですね。。。

これは難病指定されてる「尿素サイクル異常症」って呼ばれる病気らしい。
症状は気力がなくなったり、嘔気や嘔吐、けいれん、意識障害とか。

プロテインって、ギリシャ語で
「一番重要なもの」という意味を持っている
っていうのを聞いたことがあります。

つまり、「人間の体の中で一番重要な栄養素」らしい。

でも、タンパク質を摂りすぎると
実は、内臓疲労や尿路結石になっちゃうみたいです。

【内臓疲労】
タンパク質は、体内で合成と分解を繰り返して
その過程で、食事から摂ったタンパク質のうち
余った分は、分解されて窒素になるらしい。
で、窒素を体外に排泄するためには、肝臓や腎臓の働きが必要!

体内の分解過程で必要なくなった窒素は、アンモニアに変わって、
そのアンモニアは、人間の体にとって有害な物質だから
肝臓で無害な尿素に変換されて、
その後、腎臓で尿として排出されるのが通常の流れ。

でも、タンパク質を過剰に摂取してしまうと、
その分、多くの窒素を尿に変換しないといけなくなるから、
肝臓や腎臓にかかる負担が大きくなって
内臓疲労を引き起こしてしちゃうんだって。。。

【尿路結石】

肉とか魚とか、動物性タンパク質って
摂取したら、体内でシュウ酸?とか尿酸?っていう物質が増えるらしい。

で、シュウ酸ってやつは、カルシウムと結合しやすいらしくて
腸の中でカルシウムと結びついて、便になって体の外に排泄されるとのこと。

で、このときに、腸で吸収しきれないシュウ酸は尿として排泄される。

そのシュウ酸が、尿に含まれるカルシウムと結合しちゃうと
石のようなかたまりになっちゃて、
排泄されにくくなるから、尿管を詰まらせちゃうんだって。

怖い。。。
なんか、そして痛そう。。。。

やっぱりどんな成分も過剰摂取せずほどほどが一番で
生活習慣の見直しが大事なんでしょうね!^^

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク