LA旅行でオススメ!世界一HAPPYな山☆サルベーションマウンテン

こんにちは!

アメリカ留学中のゆっこです。

実は先日、死ぬまでに見るべき絶景にも選ばれたらしい、
サルベーションマウンテンへ行ってきました!

正直、行く前は全然興味なくて
「LAから車で3時間半もかかってなんか派手な山を見に行くの?」
ふーん。。。
で?

ってかんじでした。
はい、なめてました、すみません。

でも、行ったら
「すごーい!これ1人のアーティストが作ったの?可愛い!フォトジェニック~!」
ってなりました。^^

私って単純、。笑

なので、LA旅行にきたら行くべきスポット!
サルベーションマウンテンについて今日はお話します。

なぜ行くことになったかというと、
カナダから友達が遊びに来たからです。

大学時代の友達が、
2020年にオリンピックが東京で開催されるのが決まって
「私も英語を使って仕事ができるようになりたいな!」ということで
カナダに絶賛留学中なんです。

で、その友達から「LAに遊びに行くわー!」
って連絡がきて、
「おっけー!どこ行く?」
って聞いたら、最初に出てきた言葉が
「サルベーションマウンテン行きたい!」
でした。

え?なんか聞いたことあるけど、どこ?
何があるの?

って状態の私でしたが、
「おっけー!調べとくわー」ってことで、調べてみると、
いろいろわかりました!^^

ざっくり言うと、
レオナード・ナイトさんというアーティストの人が
神様への愛を表現するために作った山ってかんじです!

制作期間、なんと30年!!

1960年代にレオナードさんは宗教に目覚めて、
1980年代の前半に宗教的メッセージが書かれた熱気球をあげる計画があって
この土地にきたものの、
なうまくいかなくて、
じゃあ代わりにカラフルな神様への愛であふれた山を作ろう!
ってなったらしい。

ちなみに、この山の周りは本当になーんにもなかった!
しかも行ったのは10月後半だけど、砂漠の真ん中だからめっちゃ暑い!

だから、レオナードさんは、自転車で遠くまで水を汲みに行ったり
材料を運んだり、とんでもない肉体労働だったんだろなーと思うと
脱帽です、まじで。

そんな肉体労働以上に、神様への愛がレオナードさんを30年動かし続けて
亡くなられた今も、ボランティアの人たちによってメンテナンスされて
日本や世界から観光客が足を運ぶ場所になっているというのは
すごーく素敵なことだなーと感じます。

ちなみに、サルベーションマウンテンは
LAから南東に3時間ほど行ったところにあるので、
途中でパームスプリングスを経由します!

スケジュール的には朝9時ぐらいにLAを出発したら
お昼12時半ぐらいにサルベーションマウンテンについたけど、
日曜だったからか、渋滞なくてラッキー!ってかんじでした。^^

サルベーションマウンテン、書きたいこともっとあるので続きは明日書きまーす!

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク