OPTの申請方法 2018年 最新情報

こんにちは!
アメリカ留学中のゆっこです。

私はあと3ヶ月でMBAのプログラムを終了します。

※MBA=Master of Business Administrationの略称。
日本では、経営学修士と呼ばれ、欧米では大手企業CEOの約4割が
MBA取得者と言われています。

まぁつまりは、アメリカの大学院で経営学の勉強をしているわけです。

私も将来アメリカで会社作ると言うかビジネスしたいから
今の勉強は役に立つはず!

さてさて、そんな私も卒業が近づいて来たので
OPTの準備をしてしています。

※OPT=Optional Practical Trainingの略称。

アメリカで外国人が勉強する場合は学生ビザ(F-1ビザ)を取得します。
その場合、アメリカで働くことは法律で認められていません。

まぁ、勉強しにアメリカに来ているのだから
勉強に集中しなさい、ということでしょう。

なので、アメリカで学生が働いてバレた場合は
学生ビザを取り上げられて、母国に強制送還。

そして、アメリカには今後10年は入国禁止!
など、厳しい現実を突き付けられることになります。

ただし、学生でも合法的に働けるようになるプログラムがあります。

それがOPTです。

一定期間、公的機関から認められた学校で勉強した学生が
専攻した分野と関連のある職種で、学校のプログラム修了後(卒業後)に
企業での実地研修を行えるのがOPTです。

まぁ簡単に言えば、学んだことを実際に仕事で活かせる1年というわけです。

ちなみに、OPTの期間は基本的に1年です。

厳密には、卒業する前からOPTを始められる場合もありますが、今回は割愛。

で、OPTを絶賛申請中の私が最新情報をまとめてみます。

◆◆◆ OPTの申請方法 ◆◆◆

OPTの申請が始められるのは学校を卒業する90日前から60日前まで。

つまり、卒業する3ヶ月〜2ヶ月前の間の約1ヶ月間の間に申請を始める必要があります。

学校によっては申請期間に幅があるかもしれませんが、少なくとも私の学校ではこのルール。

で、集める書類と手続きがちょっと面倒臭い。

とりあえず過剰書きしてみるとこんな感じ。

・まず学校に「OPTやりたいです!手続きお願いします!」的な事務手続きを依頼する書類を提出

・そして上の事務手続き依頼の書類と一緒に「卒業の意思があります、ちゃんと勉強終わらせて卒業してOPTします」
という意思を証明するためなのか「卒後手数料」を200ドル払う
(え?今まで散々高い学費払って来たのにここでも200ドル取られるの?涙)

・その後、学校がこれまでの私の成績とか出席率を確認して
この人はちゃんと授業に参加してしっかり勉強してたかをチェック。
10日ほどして、学校から提出した申請書類が通りましたよ、とメールがくる。

・その10日の間にOPTに必要な書類を集める(ここがちょっと面倒臭い!)

▼▼▼ 必要な書類 ▼▼▼

・I-765
・I-20のコピー(過去の分も全部)
・パスポートコピー
・ビザコピー
・I-94
・G-1450
・G-1145
・証明写真2枚

詳しくは下に書きます!
↓↓↓↓↓

I-765フォーム(Application for Employment Authorization)に必要事項を記入して印刷。

USCIS(アメリカ合衆国市民権・移民局)のサイトでダウンロードできます。

↓↓↓ ダウンロードはこちらから(移民局のサイト) ↓↓↓
https://www.uscis.gov/i-765

● Form I-765 (PDF, 307 KB) ← これがI-765フォーム(提出する書類)
● Instructions for Form I-765 (PDF, 385 KB) ← これは書き方のマニュアル(提出しない)

ほとんどの部分は名前や住所や基本的な個人情報とか
アメリカで犯罪を犯して捕まったことがないかなどわかりやすいことなので
あまり迷わないと思いますが、

私が一瞬何を書くか迷ったのが20番の質問。

20. Eligibility category. who may file I-765?
( )( )( )

この3つのカッコ、何を書くの?
って思ったら、ちゃんとマニュアルに書いてました。

結論から言うと、
( c )( 3 )( b )
と書きました。

卒業してOPTを申請する学生はみんな
( c )( 3 )( b )
で大丈夫みたいです。

( c )( 3 )( a )
は卒業前にOPTを始める人。

で、このI-765の記入が終わったら印刷して学校に提出書類の確認に持っていきます。

・他に集める書類は、I-94(アメリカの渡航履歴)

↓↓↓ ダウンロードはこちらから(米国税関・国境警備局のサイト) ↓↓↓
https://i94.cbp.dhs.gov/I94/#/home#section

このページの上の方にある「GET MOST RECENT I-94」をクリックして
必要事項を記入して印刷してください。

他に必要な書類は
・パスポートのコピー
・パスポートに貼り付いているビザのページのコピー

・あとはこれまでに発行されたI-20のコピー

↑これが私的にネック!
なぜかと言うと、私としては珍しく、間違えて古いI-20捨てちゃったから。(苦笑)

かれこれ2015年にアメリカに来てから1回転校して、
コースもESL(語学を学ぶコース)からMBA(大学院で経営学を学ぶコース)に
大ジャンプしたわけで、

その度に新しいI-20が発行されたから4〜5枚も大事な書類キープするなら
見た目全部一緒だし、最新のI−20さえあればいいかと思って
整理しちゃったんです。

※I-20=Student and Exchange Visitor Program (SEVP)認定校が
フルタイムで留学生が就学することを承認したことを証明する書類。

つまりは、在留資格証明書、入学・在学資格証明書のようなもので
この有効期限内のI-20と学生ビザがないと不法滞在になってしまうんです!

※どちらかをキープしていればセーフの場合もありますが
基本的には両方必須。

学校の事務の人に
「知らなかったからすごい古いやつは無くしちゃった」と伝えたら
「う〜ん。。。多分大丈夫じゃない?」とテキトーな返事。

さすがアメリカ。
でも、絶対そーゆー人他にもいると思うし
私もなんとかなりそうな気がするので
もしもOPTこれで取れない、取れたけど他にすごい手続き必要だった
とか言うことになればそれも気が向いたら
ブログに書きますね。

で、過去から今までのI-20のコピーの他に必要なのは

・証明写真2枚

日本なら駅の近くに証明写真撮る機械あるけど、
アメリカってどこで撮るの?

調べたら、なぜか薬局で撮れるらしい。

と言うことで近くのウォルグリーン(大手薬局チェーン)に行ったら撮れました!

PHOTOカウンターがお店の奥の方にあって
パスポートスタイルの2×2のサイズのPHOTO IDを2枚欲しいと伝えたら
デジカメでサクッと撮って
5分ほどで印刷してくれました。

服装はスーツとか着ないですごいカジュアルなパーカーで撮りました。

で、残り必要な書類は

・もし過去にOPT取得したことがあれば「EDA」と言う
過去にもOPT取ったことあるよーってことを証明する書類のコピーも出します。

で、最後は結局お金。(笑)

・OPTの手続きをしてくれる移民局(USCIS)に410ドル払います。

払い方は基本的にチェック(小切手)かマネーオーダーですが、
今年からクレジットカードもOKになったらしい!

しかも、クレジットカードでも手数料なしで使えるととのこと。

なので、クレカで払うことに。

クレカで払う場合は

・G-1450フォームをダウンロードして必要事項を記入して印刷。

↓↓↓ ダウンロードはこちらから(移民局のサイト) ↓↓↓
https://www.uscis.gov/g-1450

この書類にカード情報を記入して
右下に410ドルと書いて
移民局に届いたら引き落としてくれる仕組みです。

最後に、提出するオススメの書類がこれ!

・G-1145フォーム

↓↓↓ ダウンロードはこちらから(移民局のサイト) ↓↓↓
https://www.uscis.gov/g-1145

アメリカの手続きって本当にどれも遅いしテキトーだし
何か書類や情報が足りなくても
連絡くれないのが基本!

でも、この書類はどこまで信じられるかわかりませんが(笑)
書いて提出しておくと
手続きの進捗をメールやテキストメッセージでお知らせしてくれると言うもの!

いつまでもOPTの許可がおりない=合法的に働けない

ってなってしまうので
お、今ここまで進んでるならもうすぐだな、とか
ちょっと進捗遅いから問い合わせしてみよう!とか
柔軟に対応できてオススメです。

あ、最後にもう一つ!

OPT用のI−20がさらに必要になります。

なので、学校でこれらの一式の書類を揃えて
提出して、間違いがないかを確認してもらったら
最新のI−20の発行を10日さらに待って

その最新のI−20をゲットしたら
やっと書類が完璧になって
これを学校ではなく、私が移民局に郵送します!

で、あとは移民局からの連絡を待つ!

早くOPTおりるといいなー^^

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク