アベンジャーズシリーズはこの順番で見るべき!


どうも、こんにちわ!
アメリカ留学中のコタローです。

今回は「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」が公開されたので、
MCU(マーベル シネマティック ユニバース)の時系列について(どの作品をどの順番に見ればいいか)を少し解説しながら書いていこうと思います!

(MCUとはマーベルコミックを原作とした、アイアンマンやキャプテンアメリカなどのヒーローたちが同一の世界観の中で描かれるクロスオーバー作品の総称です。簡単に言えばマーベルという大きな世界観の中で複数のヒーローたちが活躍している感じです。だから様々なヒーローが共演したりしています。)

ところで皆さん、「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」は見ましたか?
私の感想としては過去最高に面白かったです!! 驚
こんなに鳥肌立ちっぱなしのヒーロー映画は見たことないです!

これがあと何年経っても、年をとってから見返しても「ああ、このシーンには当時衝撃を受けたな。ここでこの展開には胸が躍ったな。この展開には一本とられたな。」などしみじみ語れることを確信させてくれるくらいです!
(お酒があれば尚よし、熱く語り合える友人がいればさらによしです。)

また自分の子どもにも見せて、この心躍るワクワク感を味あわせてあげたい、一緒に見てあの感動を思い出したい、当時の自分とどう違った捉え方をするのだろうか、などなど後世にも残したい作品です。

もっと言うなら子どもがかぶりつきながら夢中になっているのを自分も一杯やりながら一緒に見たいと思ってしまうほどでした。。。(*ノωノ)

見終わった後に「あれはどういうこと?なんであそこでああなったの?あいつかっこよすぎじゃない!?あの人強すぎ(笑)、あの展開マジ激熱(笑)」などいうこと間違いなし。
一人で見てあの興奮に悶々として帰るもよし、友達と見て帰り道ギリギリまで語り合うもよしです!(私は前者でした。。。照)

個人的に今までのマーベル作品は「アベンジャーズ」、「アイアンマン」、「ドクターストレンジ」、「スパイダーマン ホームカミング」など、どれも一作目はバトルだったり、展開が物足りなく感じたことが多々あったのですがすべてこのために丁寧にお膳立てしていたのかっ!
と思わされるくらいに見どころ満載で盛り上げ方が最高でした!!

そして、この「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」を見て次回作の「アベンジャーズ4」までにもう一度おさらいをしよう、伏線から小ネタから何から何まで予習・復習をしなければ、と思わされること間違いなしです!

というわけでここからが本題です。。。汗
(前フリ長いとかはなしでお願いします、、、汗)

時系列はこんな感じです!

1940年代

『キャプテン・アメリカ/ザ・ファーストアベンジャー』
1990年代

『キャプテン・マーベル』(2019年公開予定)
2000年代

『アイアンマン』
2010年代

『インクレティブル・ハルク』
『アイアンマン2』
『マイティ・ソー』
『アベンジャーズ』
『アイアンマン3』
『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』
『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』
『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』
『アントマン』
『シビルウォー/キャプテンアメリカ』
『ブラックパンサー』
『スパイダーマン:ホームカミング』
『ドクターストレンジ』
『マイティ・ソー バトルロイヤル』
『アントマン&ワスプ』(暫定)(2018年8月31日公開予定)
『アベンジャーズ/インフィニティウォー』
『アベンジャーズ4(仮)』(暫定)(2019年公開予定)
『スパイダーマン:ホームカミング2(仮)』(暫定)(2019年公開予定)
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーvol.3』(暫定)(2020年公開予定)

(※日本での公開は少しずれる可能性があります。)
未公開作品を含めて23作品!公開順は関係なしに並べています。
また作中の出来事によっては前後することもありますのでご注意を。メインの出来事は大体この順番で間違いないと思います!

※『スパイダーマン ホームカミング』での8年後問題など詳細はまだ明らかになっていない点もありますので、あくまで参考までにお願いいたします。

(気になった方は公式のHPでもちゃんとした時系列が載ってますのでそちらもご覧ください!)

この隙間に『アイアンフィスト』や『デアデビル』などのNetflixのドラマシリーズなどが入ってきます。ただドラマの場合は細かい時系列や映画とのリンクも薄いため把握しにくいのが現状です。

しかし、ドラマの『エージェント・オブ・シールド』は本編と関わることが多く、『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』で最初にアベンジャーズがHYDRAの基地を襲撃しているのはシールドからの情報提供があったからです!

その他にもアベンジャーズの裏側で様々なことが起こっており、その細かな流れが描かれています。

(シビル・ウォーでソコヴィア協定を強制させられた訳など)

(そしてなんと『エージェント・オブ・シールド シーズン4』ではゴーストライターも登場するみたいです!)

私はどれも見れていませんが、、、残念

ただこうやって時系列順に見れば、ここでこの出来事がここに繋がっているのかなど、MCUの世界観をより理解しやすくなりますね!

それではここからはヒーローの誕生順についてみていきましょう!

※映画のエンドロール後に次に公開される作品の登場人物が出演するおまけがあるので、映画本編を見終わってすぐに消すのではなく、必ずエンドロール後もチェックするのをおすすめします。

(インフィニティ・ウォーのあとには Thanos will return などの次回作のおまけがありました!)

500年前?

先代ブラックパンサーたち
1940年代

キャプテン・アメリカ、ペギー・カーター
1960年代

初代アントマン(ハンク・ピム)
1980年代?

初代ワスプ(ジャネット)
1990年代

キャプテンマーベル
ブラックパンサー(ティ・チャカ)
2000年代

ハルク
アイアンマン
2010年代

ウォーマシン
ブラックウィドウ
ソー
ホークアイ
アベンジャーズ結成!
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(スターロード、ガモーラ、ロケット、グルート)
ウィンターソルジャー、ファルコン
ヴィジョン、スカーレットウィッチ、クイックシルバー
二代目アントマン(スコット・ラング)
ブラックパンサー(ティ・チャラ)、スパイダーマン
ドクターストレンジ、ウォン
二代目ワスプ(ホープ)
といった感じです!
基本的に初登場基準で、以前公開された公式の大雑把な時系列も参考にしています。

250万年前にヴィブラニウムの隕石が地球に落下し、500年前からワカンダでヴィブラニウムが見つかり、そこから先代のブラックパンサーたちが存在しているため、便宜上「先代ブラックパンサーたち」にしております。

初代ワスプの誕生もあいまいですね。ハンク・ピムがアントマンとして活躍しだしたのが60年代でしたが、ワスプも同時期なのかな?ミサイルを阻止するためにクアンタム・リームに閉じ込められた回想が80年代でしたので、そこを基準に設定しました。

2010年以降はヒーローが爆発的に増えていますねw
以前から活動しており、表舞台に出てきたキャラも含めていますので、かなりの数になっています。

この辺りは公式ムック本とか出してもらって補完してくれたら嬉しいですね!

いかがでしたか?

MCUの世界観がどれだけ深いかがわかりますね!

これからもMCUがどうなっていくのか気が気でならないところですね!

次回作が早くも待てませんが自分なりの考察や妄想でしのぎましょう!(笑)

ではではまた次回のブログでお会いしましょう~(@^^)/~~~

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク