グランドサークル(グランドキャニオン)でキャンプする前に知っておくべきこと

どうもこんにちは!
アメリカ留学中のコタローです。

突然ですが
2018 8/21〜9/1までの12日間にキャンプに行ってきました!

なぜなら勢いで決まったからです 笑

8月の1ヶ月間だけ違うホストファミリーさんのところでお世話になっていたのですが、その方たちが「12日間のキャンプに行くけどよかったらおいでよ。」と誘っていただいたのでこんな機会なかなかないと思い行って来ました!

場所は一度は聞いたことあるグランドキャニオンです!
ただグランドキャニオンだけではありません!

グランドサークルというグランドキャニオンの周りの山々を含んだものを回ってハイキングとキャンプを楽しんできました!

まずはアメリカでキャンプに行く前におススメのお店の紹介です。

キャンプ用品を揃えるならREIのアウトレットで安く買いましょう!!

Recational Eqipment,Incの頭文字をとってREIがロゴマークになっています。
(アメリカ人はアール・イー・アイと発音するので日本人が言うレイと言っても伝わらないので注意しましょう。)

ここREIというお店はアメリカで最大級のアウトドア用品チェーン店です。
アメリカでキャンプするならここに行けばひと通り揃うほど品揃えが豊富です。
キャンプ用品だけでなくボルタリング用品や様々なアウトドアグッズも置いています。

ここの会員になるとガレージセールに参加することができます。
会員になるのは面倒という方は会員の方と一緒に来るのも1つです!
これがめちゃめちゃお得なんです!

REI会員メンバーは,年に数回行われるREIガレージセールで,返品された商品,中古品,破損した商品を安く購入できます(ガレージセールの商品は返品不可)

これがキャンプに行く際はうってつけです!
ハイキングシューズからバックパック、ドライTシャツや靴下の衣類、テントや折りたたみイスなどが定価より安く売っています。
物によってはかなり安くなっています。

しかし1つ注意が必要です。
このガレージセールはアメリカ人がキャンプに行くためにひと通り買い揃えたものをキャンプが終わってから丸々返品したものが主な商品となっています。
(さすが返品が当たり前のアメリカです 笑)

だから服に少し穴が空いていたり、バックパックの底が破れていたりなど問題が多々あります。
だからこその安さといえますが衝動買いするのではなく慎重にどこが壊れているか、汚れているか、ここが壊れていてもこれから先のキャンプでは問題ない、一緒に行く友達のために買っておくべきか、など
これから先のことも考えて購入するようにしましょう。

会員のなり方
$20の会費(1回限り)を支払うことにより REI の会員になれます。
会員になると,年に数回のセールで割引価格で商品を購入でき,1年を通してREIで購入したものの(セール品を除く)総額の10%が,配当金(dividend)として毎年1回会員に還元されます。この配当金は,REI での支払いに利用できます。もちろんネット購入でも利用可能です。

このREIのガレージセールは朝9時か10時くらいから開始ですがキャンプ用品を安く買おうとする人がたくさんいるため早めに来て並ぶ必要があります。

なぜなら商品は一点限りのものが多数だからです。

それこそ遅く行こうものなら欲しい商品がすでに売り切れていたり、壊れ物しか残っていなかったりします。

僕の場合は朝の5時に起きて前から3番目に並びました 汗

もちろん折りたたみイスを持参で。

昼寝や携帯をいじって時間を潰し、3〜4時間経って店員さんから注意事項の説明、それからガレージセールが始まりました。

列は大型の店の半分を回るほど長くなっておりそれほどのニーズがあるのかとびっくりしました 驚

早めに来て正解でした 笑

だって攻略法が使えるからです 喜

そんなホストファミリーさんから伝授して頂いたガレージセールの攻略法をご紹介。

方法は至ってシンプル。

それは欲しいものを見つければ素早く自分のカゴに入れることです。

まずはガレージセールの中を一周して欲しいものや必要なものを手当たり次第に自分のカゴに入れていきます。一個だけでなく気になったものを全てです。色違いだったら2つとも取ったりサイズなんかも気にせずに。フィーリング頼りでいいと思います 笑

自分の欲しいものを収集できれば次はガレージセールの中の空いたスペースへ移動します。

そこで自分が選んだものを並べてどれが必要かを判断しましょう。サイズや色、壊れ具合、実用性なんかを総合して決めましょう。

これで人に取られるのを気にせずじっくりと考えることができます。

買うものが決まればいらないものを元あった場所に戻してレジへゴー。

メンバーズカードもお忘れなく。

以上、REIのガレージセールの攻略法でした。

続いてスポーツウェアや運動靴を買いたい方にオススメなのがディスカウントストアです!

その中でも

・TARGET(ターゲット)

ここではありとあらゆるものが売っています。とりあえずここに来れば大体揃うほどです 笑

服、キッチン用品、日用品、おもちゃ、レターセット、カバン、パーティグッズ、水着、ビニールプール、自転車などなど。

日本のドンキ・ホーテをイメージしてもらえれば分かりやすいかと思います 笑

店内も白基調だからかドンキ・ホーテよりキレイで清潔感があるように思います。

しかもどの商品も比較的安いです。

中にはチャンピオンとコラボした服も置いてます!(僕のオススメ!)

案外デザインがいいTシャツなんかも$10前後で売ってるので変にブランドで買うより良さげだと個人的に思っています。

・ROSS(ロス)

こちらもターゲット同様、様々なものが取り揃えてあります。ターゲットと違うところはブランド物を扱っているところです。

アディダスやナイキ、アンダーアーマーの型落ちの靴や服、靴下などなどが定価より安く売っています。

そのほかにも家具や寝具も充実しています!

・Marshals(マーシャルズ)

こちらは有名ブランドをメインに取り扱っているディスカウントストアです。しかもかなり安くなっており、定価で$80くらいのものが$20やそれ以下になっていたりもします。

最新のものじゃなければ嫌だという方以外はブランド物を安く買えるのでここに行っとけば間違いないんじゃないかという気がします。

日本製の化粧品、香水なんかも置いてますので是非チェックしてみてはいかがでしょうか。

マーシャルズとロスはいいものはすぐに売れてしまう傾向があるので行った時に品揃えが良くない状況があります。

そんな時は焦らずに品揃えが良くなる日を待ちましょう。大体1週間くらいで品揃えがよくなります。

定期的に行くか、または違う店舗に行くのもアリです。

そしてここからが本題のキャンプの話。

行った場所はこちら
・Zion national park(ザイオン国立公園)
・Capital national park(キャピタル国立公園)
・Capital leaf(キャピタルリーフ)
・Arches national park(アーチズ国立公園)
・Bryce canyon national park(ブライスキャニオン国立公園)
・Monument Valley(モニュメントバレー)
・Horses shoe bent(ホースシューベント)
・antelope canyon(アンテロープキャニオン)
・Las Vegas(ラスベガス)

まずはキャンプの感想をザッと書いてきます。
キャンプ中に書き留めたもの元に書いてるので流し読みくらいがちょうどいいかと、、、

8/20
夜10時に出発。
4~5時間かけて目的地に到着。
途中でラスベガス近くの24時間営業のカジノによって朝ごはん。
ハッシュブラウンを$3で食べました。
日本のハッシュドポテトと違いフレンチフライをさらに細かく切って卵や小麦粉のようなつなぎをつけてまとめて揚げたような見た目。
言い表すならポテトだけのかき揚げフライのような感じ
中はホクホク具合が残っていて、外はカリッカリに揚げられていて美味しかった。
スウィートポテトフライ同様日本で流行りそうな感じがするがやっている人はいないのだでしょうか?

~8/21
場所 Zion national park

ハイキングを開始して3時間半くらいで頂上に。しかし帰りに大量の雨が降り川が増水。
風があるので体や周りの空気が冷えやすい。
もしものときに着替えてやタオルは必要だと思いました。
そんな雨のせいで帰り道が塞がれて1時間ほど往生。
雨は止んでも川が増水してるので行き道に歩けたところが川になっていました。
降ったり止んだりの繰り返しでビーサンに履き替えて増水した道を進むも水の流れが早く流されそうそうになり途中から裸足で進むことにした。
見た感じユニバかどっかの遊園地にある災害アトラクションのようになっていました。
マジで映画みたいでした 汗
災害とは突然で防ぎようがなく否応なしに降りかかるなと、そしてどうすることもできない無力さと自然の大きさを体感した一日でした。
朝から昼は暖かいが雨が降ると一気に寒くなり、標高も高いので風も吹いて余計に体が冷えました。レインコートは必須です!
温かい飲み物の準備もあれば尚良しです!
こっちは自販機がなく遠くのコンビニっぽいとこに行くしかできません。しかも周りが山に囲まれてるのでそのコンビニまでも遠いです、、、とほほ

防水スプレーを振りかけた濡れてもいい靴、ハイキングシューズ、泊まるときに簡単に脱げるサンダルはあった方が使い勝手がいいです。

ハイキングは楽しい、暑い、寒い、理不尽(自然の)、絶景、達成感、来た道を戻る既視感、自分の物事に対する飽き具合、知り合いと一緒に行くとペース配分や先に行くか遅れて行くか、別れるか、自分がどこまで気遣いができるのか知ることができるいい機会だと思います。
またその人に対する態度や接し方も客観的に見ることができました。
またシャワーがなかったり、雨に濡れたまま行動しなければならなかったりと自分がどこまで我慢できるか、許せるかがわかります。
当たり前がなくなり自分の許容範囲や人に対する意識、考え方、姿勢を知ることができるチャンスです。
自分がどのレベルの潔癖症なのかも知れますし、子どもと一緒に行けば成長具合や何に興味があるか、親子のコミュニケーションも取れる絶好の機会なのでぜひ家族で行ってみてはいかがでしょうか?

8/22 水曜

capital national park に移動
晩ご飯 BBQ chicken & vegetable

各山々の移動にかなり時間がかかりました。
さすがアメリカ。広さとはこういうことかと有無を言わさず思いしらされます。。。
その移動中に沢山の写真スポットに回って腐るほど写真を撮りました。
自撮りもしましたが 下手くそでした。。。向いてない、、、
写真を撮るとすぐに記憶から消える気がします。
写真を撮ったという行動に安心して脳がその瞬間を切り捨ててもいいもの判断してしまうのではなかろかとそんなこんなを勝手に思ってみたりしたキャンプの中日でした。

見渡す限りの大地は次第に飽きてきました。
すごいんだけども、日本で絶対見られないんだけども、既視感がすごい。
凸凹が違うだけに見えてきたりもしました、、、汗
間違い探しのような、、、笑
そんな感じでした。笑

しかし焦がしマシュマロは人生を変える力を持っている気がします。
あれはスウィーツ界最強ではなかろうかと思うほど。
食べてテンションが上がるおやつも久しぶりでした。喜

自分で焼き具合を調節するのも醍醐味の1つで、その焦げた部分だけを食べてもう一度焦がしにかかったりと自分好みに好き勝手できたのがなお良かったです。嬉
スモア?簡単に言うとマシュマロチョコクッキーです。
アメリカのキャンプでは欠かせない伝統的なおやつで、ボーイスカウトをやってた人はご存知なんじゃないでしょうか。
クッキーの上に板チョコのかけらを2つ、その上に熱々の焦がしマシュマロ乗せて軽く潰して食べる。
焦がしマシュマロの熱でチョコが溶けて非常にいいとろけ具合になる。
それを頬張ればクッキーのサクサクとチョコの甘さととろっと感、焦がしマシュマロの香ばしい香りとムニュッと食感が重なり絶妙なハーモニーを奏でました。。。至福
少し甘すぎるがそこもまたいい。アメリカを甘みで感じました。笑
食べた後は喉が渇き一個で十分だと思うが喉を潤してからまた欲しくなりました。
子供たちがこぞって食べた後「More s’more!」というらしいです。
気付いたら自分も言ってしまいました。照

8/23

今日も沢山の山々をドライブして写真を撮り、インディアンが昔に描いた絵が残っているポイントにハイキングに行ったり、昔のカウボーイが銃で自分の名前を描いた岩壁があるところや岩壁に挟まれた音が反響するポイントを見に行ったりと様々で面白かったです。
特に岩だらけの凸凹地面を車で進み、その後ハイキングで登ったポイントは1番の絶景だった。
100回くらい「もし自分が飛べたら、羽があれば」と思いました。笑

ホストファミリーさんがステーキを焼いてくれました。
ステーキは胡椒やスパイスが効いた少しスパイシーな味で大変美味しかったです。嬉

またスモアを2つ食べて最後に焦がしマシュマロ2つをクッキーに挟んで食べました。嬉
ベタついて食べにくいが最高でした。

みんな気づいてないだけで焦がしマシュマロ最強伝説は揺るぎないものかと。
ただ食べる機会が少ないだけで。
もっと注目されてもいいんではなかろうか、、、泣

というこんな感じの移動→ハイキング→キャンプの連続した 毎日でした。

シャワーについて

そしてやっぱり気になるのはシャワーでした。
シャワーは付いているキャンプ場と付いていないキャンプ場があるのでどうしても必要という方は事前に調べていく方が無難です。
または多少時間がかかりますが町まで行けばシャワーを$3くらいで貸してくれるところもあるのでそっちに行くのもありかと。山から街が遠いとこもあるのでそこも事前に調べておきましょう!
そこで食材補充や備品の調達をするついでにシャワーを浴びるなんてこともできますし。

コンビニやレストラン、その他設備が整っているキャンプ場は比較的シャワーが付いているような気がします。
グランドキャニオンは特に広いのでシャワーが付いてるところとないところがあるので注意しましょう。
そのシャワーも1回15分程度の$2〜3が相場で、25centコイン(クウォーター)しか使用できないなんてとこが多いです。なので行く前に銀行でクウォーターを両替して行くのをオススメします。
一人が棒金一本持っておけば困らないのでオススメです。帰ってきても使えますしね。

グランドサークルの見どころ!

皆さんご存知のことだとは思いますが日中は暑く夜は寒いのが自然の特徴です。
特に夏や冬なんかは寒暖差が激しいので行くなら秋頃をオススメします。

グランドサークルではグランドキャニオンでけでなく国立公園、国立モニュメント(アーチなど)が数多く存在しています。
目的地に着くまでに疲れることは確かですが「世界は広いんだ!」と言わんばかりの自然が出迎えてくれます!
まして日本では見たことないような景色と色彩です。
国が違うだけでこんなにも自然は姿形を変化させるのかと驚かされること間違いなしです。
環境がそうさせるのかはよく分かりませんがこれを見たら世界中の国々を回って見たくなる気持ちも分かりました。笑
旅行が趣味になりそうです、、、笑

特に「アンテロープ・キャニオン」は 人が死ぬ前に一度はしたいことを書く「棺おけリスト」に名を連ねる常連だそうです 笑(映画「最高の人生の見つけ方」でおなじみ)
アンテロープ・キャニオンは皆さんも一度は写真でみたことあると思います。
確か中学の社会の授業でもやったような記憶があります、、、たぶん 汗
ここは専用のツアーでしか行けませんのでホームページからガイドツアーに参加しましょう!
※Upper(アッパー)とLower(ロウワー)のがありますのでご注意を!
時間がある方はどちらも、ない方はアッパーの方が有名です。

しかしツアーですので人が観光客がたくさん訪れます。悠長に写真を撮っていると「早く行って〜」と促されますのでご注意を 笑

私のイチバンのお気に入りは「Horses shoe bent」
(ホース・シュー・ベンツ)発音はそんな感じです。

その名の通り「Horse Shoe=馬の蹄」に似ていることからこの名が付けられました。
ここは人生の中で一番すごいなと思わされたところでした。
他のハイキングコースに比べて道のりが短いです。歩いて20分〜30分ほどで着いた覚えがあります。

上記のアンテロープ・キャニオンとホーシューベンツはインスタ映えにはもってこいの場所です!

その他にも西部劇で出てきそうなモニュメントバレー。
映画やCMの撮影で何度も使われています。
専用のツアーも出ていますが個人でも行くことができます。

近くには「Route66」というバイク乗り憧れの道や映画「フォレスト・ガンプ」で撮影されたスポットもあったりと景色だけでなく楽しめること間違いなしです!

グランドサークルはただ訪れるだけでも美しいのですが、そこに朝日や夕暮れ、虹なんかが加わるとさらに素晴らしい姿を見してくれるので時間帯を調整してみるのも有りかと思います。

そんな旅の最後にラスベガスによってグランドサークルを締めるのはいかがでしょうか?笑

では今回はこの辺で。
また次回にお会いしましょう!ごきげんよう、さよなら〜

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク